+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かぶれる紙の兜 色見本
かぶれる紙の兜に色を塗るときに参考にしていただくために作った色見本です。
これはあくまで参考ですので、自由な発想で着色を楽しんでくださいね。




この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
新商品に込めたメッセージ

完成した、ジャケットがこちらです。
ランニングシャツ姿竹の物差しを持っています。
戦後あたりまでの子供といえばこのような出で立ちでした。
食べ物といえばサツマイモカボチャで年中裸足でした。
それが嫌でがんばって今の世を作ったのでしょうが、私のような団塊ジュニア世代から見ればうらやましい部分も多いです。

まず自然が多いことです。
今の日本は人口が増えすぎたことや、貧しさからのコンプレックスで田舎というものが無くなり日本国中、都会になってしまいました。
都会は成人男性の都合で仕事がしやすいように作られているため、子供のような野生的生き物には住みにくい場所です。
大人でさえ満員電車に揺られての自宅と会社の往復、食べ物といえばコンビニかスーパーで買った出来合いものも、という家畜のような生活にウンザリしています。
私の家の近所の公園ではホームレスが辛うじて、そんな生活に抵抗しています。

私が子供の頃はまだよく親に外で遊んでなさいと言われたものですが、今の子はどうでしょうか。
やはり子供は風の子、裸足で棒っ切れを振り回して野山で遊んでいるのが、一番幸せだと感じます。
自然を大人に取り上げられ、不審者のうろつく昨今ではゲームくらいしか子供には遊び場がありませんが・・・
今の親は外で遊んではいけませんというのでしょう。
しかし、それでも子供は反抗して外に出て遊んでほしい。
チャンバラなどして子供がケガして訴えられても、当方ではまったく責任は負えませんが、どうか逞しく遊んでほしいものです。
ちなみに私は子供時代、友達と傘でチャンバラをして何度も傘を壊しました。
もちろん物差しでもチャンバラしました。

また昔少年だったお年寄りの方々には、「貧乏だったけど幸せだった」ことを思い出してほしいものです。
みじめな戦争体験の猛反省はもうそろそろ卒業なさる時期でしょう。
我々日本人は充分に豊かです。
そんな思いが、この商品には込められているのです。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
モデルを使っての商品撮影しました。
何のかんのあってようやく商品撮影できました。
しかし子供相手の撮影は大変で思ったようにいかないものですね。
撮影時間も30分しか無かったことから、完全に納得いくものではありませんが、おおむね良いと思います。


この子は妹の息子です。
まだ二ヶ月なのでこの兜はちょっと大きいですね。
注意事項として首の座っていないお子さんにはかぶらせないでくださいね。


この子は中高の友人の息子で4才です。
でも体が大きく6才児位の体格です。


この子も友人の子供で2才です。


このように好きなように色を塗ることができます。
二人ともビックリするほどパパ似です。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
かぶれる紙の兜試作品
今までハサミでカットして試作品を作っていたのですが、CADでの試作品ができました。

自分で設計したものが機械で切り抜かれて組みあがる感動はナカナカよいものです。
「ホントに組めた」ってな感じです。

現在は意匠登録の書類を作成しているところです。



この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
かぶれる紙の兜の解説を書きました。
2月中旬発売予定の「かぶれる紙の兜」の解説を書いてみました。


日本は、狭い島国でなおかつ豊かさと厳しさを併せた自然環境を持っている。
世界の地震や火山噴火の1割が狭い日本で起きるが、動植物の恵みも豊かである。
一万年以上前から日本人はそれら自然現象や動植物の持つ偉大なエネルギーを自らに取り入れたいと願ってきた。
現在でもその美意識が、衣食住をはじめ美術、宗教などに現れている。
日本の鎧もまたそのような美意識に則り設計されてきた。

本来、鎧は防御や威嚇また自らを鼓舞することを目的として設計されている。
日本の鎧は他国の鎧と比べて、皮・漆・鉄・銅・紐など多種多様な材料を使用し堅牢で精密に作られている。
しかし日本の鎧の特徴はそれら実用的な面だけでなく、その色使いにこそある。
新緑や紅葉などの生まれては死ぬ、時間の無常に愛おしさをこめて、鎧の配色に取り入れることは、日本人にしか成しえない高等な文化であろう。

鎧のような生死を意識したものなら尚更である。

皆様にはこの商品を通して日本の優れた文化の原型を感じ、今一度見直していただければ幸いである。

子供にはちょっと難しい内容ですが、おそらく読むのはお爺ちゃんでしょう。
併せて海外のお客様にも理解を求める内容になっております。

ご意見お待ちしております。




この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
美女と甲冑?
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

かぶれる紙の兜のサイズ合わせで、様々な大きさの頭に被せてみました。

これは(生後28年)で一緒に写っているのはです。(生後50日)


こちらは友人の娘で二歳です。
お節句は新生児から一歳の子供のときにやるようなので、もう少し小さいサイズに変更しなければなりませんね。



この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| ペパクラ製作 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
久々の新作「かぶれる紙の兜」
ここ数ヶ月様々な商品と平行して開発してきたこの「かぶれる紙の兜」ですが、2度のデータ喪失などの天災に見舞われながらも(2ヶ月半分(涙))何とか形になってきました。
現在、印刷の打ち合わせ中です。

ウチの商品はあくまで日本甲冑に関するものが中心なのですが、この商品の解説では日本文化の根幹に触れた部分が多くを占めています。
外国人が多く立ち寄るところでも販売いたいので10カ国語ほどで訳もつける予定です。


基本的に子供用なので大人が被ると少しきついです。
白く抜いた部分に自由に色を塗ってもらいオリジナル兜を作って遊んでもらおうというものです。
組み立ては5分から10分でできます。
鍬形は法住寺殿出土、木下美術館蔵の雲龍紋金銀象嵌鉄鍬形を採用!!
子供相手だからこそ最高にカッコいいものにしました。
何だか模様がコロコロコミックのドラゴンのロゴに似ています。
菊の丸の据金物も平安期のラインを出すのに苦労しました。御嶽神社国宝赤糸威大鎧がモデルです。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい70位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。


| ペパクラ製作 | 05:30 | comments(6) | trackbacks(0) |
ペーパークラフト展示即売会に行ってきました。
先日、10月22日浅草橋で行われた、ペパクラ即売会ペパコンに遊びに行ってきました。

ウチの商品は日本の鎧に関するグッズですが、開発中も含めて紙のものが多いです。

動物、メカ、建築物、車、フィギュアなど様々な作家の方々が参加しており、それぞれ使っているソフトや作り方などの情報交換をし、非常に楽しい時間を過ごせました。

今回は多忙のため参加を見合わせましたが次回は是非参加してみたいと思います。

ペパコン







この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| ペパクラ製作 | 18:37 | comments(3) | trackbacks(1) |
実物大?のはず、兜のクラフト
400倍でコピーしたものを大型の厚紙にスプレーのりで貼り付けて、試作してみた。

どういう訳だか異常に大きなものになってしまった。
困惑ぶりが写真の私の表情から見て取れると思う。

私が被ってこの大きさなのだから、子供だと押しつぶされてしまいそうだ。

しかし、5分以内で組み立てられることがこの商品の条件なのだが、その部分はクリアした。

これの威毛の部分に子供たちが好きなように色を塗ってオリジナル兜にしてもらおうというのである。

教材関係のカタログに載せてもらえば、大口の注文が取れるかも・・・





この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| ペパクラ製作 | 00:29 | comments(4) | trackbacks(1) |
イラストレーター猛特訓中
いままで全てフォトショップを使っておりましたが、時間の短縮などの諸事情により扱いの難しいイラストレーターを勉強し始めました。

使い始めると難しいのは最初だけですぐ慣れました。

製作中のものは実寸代、被れる兜です。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい65位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。


| ペパクラ製作 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |