+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
謎の中国甲冑発見!!
先日、複製制作の依頼で見せていただいた甲冑です。
所蔵者の許しを得てブログにUPします。

明時代、雲南省のイ族のものと推定されます。

中国には放伐論というものがあり、前政権のものは放つ(流す)か伐(殺す)かのどちらかを行う習慣があります。
前政権を否定しないと、新政権は天に選ばれたことにならないからです。
文化大革命のときも、前時代のものは全て処分されました。
まして武器武具の類などは根絶やしのはずでした。
そのため、これは非常に珍しい例といえるでしょう。

胴は牛の厚い皮(水牛かも)で作られています。

草摺も牛革で揺るぎに組まれており、最下段のみ朱漆で塗られている他は黒漆塗りです。

雲南という南方のものであるからでしょうか、非常に小型で現代日本なら子供サイズです。

草摺にはスリットが入っていないため、徒歩戦用と思われます。

右引合式で、日本の鎧に例えると六枚胴のようです。

模様も道教の陰陽やペルシャあたりのものと推定されるものもあります。

何分、資料が少ないので皆様の意見をお待ちしております。
奮ってコメントいただければ幸いです。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:学問・学校


| 鎧画像 コラム | 11:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
仮組みしました。伊達政宗・戦国武将フィギュア

前立着けました。
これが無いと、一般の方および普通の歴史ファンは、政宗だと分かりませんね。
金箔押しの予定ですが、キャストで巧く型から複製できるか心配です。
何せ厚さ0.5mmなんで。


打刀、指してみました。
雪ノ下胴には鍔摺があるので、打刀を指す出で立ちが専らであったと推測されます。
帯のパーツを作るのが、薄くて細くて面倒くさいです。


草摺も4個目で、なんとか十一間、収まった・・・
もう作りたくない・・・困惑


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| 鎧画像 コラム | 18:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭

来る!11月16日(金)17日(土)18日(日)
代官山フェスティバル2007 猿楽祭連動企画として「天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭」が開催されます。

うちの商品も出しますので、お時間のある方はお運びください。

・ 正統派戦国ブランドが、銀座ギャラリーに続き今度は代官山に集結!
・ 有名作家のサイン会あり 平田弘史先生、黒鉄ヒロシ先生、正子公也先生
・ 各ブランドの新作も発表予定

【場所】 渋谷区猿楽町29-21 ヒルサイドテラスアネックスA棟

【日時】 2007年11月16日(金)11:00〜17:00
                  (プレス日につき取材可。18:00〜戦国交流会※関係者のみ)
             17日(土)11:00〜19:00
                  (正子公也先生、黒鉄ヒロシ先生サイン会)
             18日(日)11:00〜19:00
                  (平田弘史先生サイン会、揮毫Tシャツ企画)
 
【サイン会】     17日(土)11:00〜正子公也先生、15:00〜黒鉄ヒロシ先生サイン会
            18日(日)14:00〜平田弘史先生サイン会

【主催】 もののふ 六龍堂 
【協力】 小池書院
【参加ブランド】 ARTMAN SAMURAISMart 朱華羅 鎧甲冑製作所 牧門堂 賀茂公家芋本舗
          甲冑人形師・奥井
【協賛】 歴史街道 魁星出版 歴史群像 リイド社 世田谷刀剣会 文永洞
【企画協力】 久米繊維工業 LogicGate miki endo 時代屋
【同時開催・3F】 山龍 Kimonoネオクラシック

詳しくはこちら


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| 鎧画像 コラム | 23:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
大徳川展と大刀剣市2007の告知
ご存知、大徳川展行ってきました。

甲冑は家康所用の歯朶具足、榊原康政、日光東照宮、紀州東照宮の南蛮胴具足、金陀美具足などなどが展示されておりますが、一番の目玉は渡辺守綱の南蛮胴具足でしょう。
他の南蛮胴より古様で凄みがありました。
主要な具足は360度見れるので小躍りして見に行ってください。


それから10月26日(金)27日(土)28日(日)に大刀剣市2007が開催されます。
この催し目当てに全世界からコレクターが集まります。
喪服を着たホステスのような黒いスーツの化粧の濃い美人の売り子さんが大勢います。
「日本の甲冑」展も催されますので、お時間のある方はお運びください。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| 鎧画像 コラム | 15:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
原宿夏の陣!暑かった!!
お盆で、大阪に帰省しており、更新が遅れてすみません。
今回は、26日に原宿b6にオープンした流儀圧搾という店舗の宣伝で原宿の街中で武者行列を慣行した様子をUPします。

ウチも商品を置かせてもらっています。



今回は戦国ファッションブランドのもののふさんの呼びかけで、私の所属する甲援隊関東府の武士たちが集まって行いました。

今年最後の猛暑&スーパーよさこい2007で50万人の中、皆様、立派に努められました。



まず着替え。ビル管理側のはからいで広い会議室を使わせていただきました。



暑さ対策のグッズ。右から冷却スプレー、冷えピタ、日焼け止め
冷えピタを脇に貼るとき思わず女学生のような声を出してしまいました。
アフッ・・・ハート
冷却スプレー、これが今回大活躍!これをタオルに吹き付け、汗拭き係りのお手伝いの女の子が甲冑武者の顔や首筋を拭いておりました。
皆、一様にアァーッ・・・悲しいラブとヨガっておりました。



1回戦は青山通りに出て、ビラ配り。
日陰で、お巡りさんの隣という好位置での陣取りに我ながら関心。
お巡りさんが、奥でコソコソ話しをしています。聞き耳を立てる
大丈夫か〜・・・


美人と撮影。
せっせとビラを配る、マスコットのライチさん。
通行人の女性から、あれ何ィ?カワイイィハート大小と言われまくってました。

GAPの袋と甲冑武者がミスマッチ!
後ろで小さくガッツポーズの私

これまた美人!

多くの観光客に写真をせがまれました。
特に若い女性には親切に接する甲冑武者。



写真撮影を求めた人の半数が、外国人でした。
でもこの画像を撮った人の好みで女性ばかりの画像しかUPできませんでした・・・

2回戦はb6ビル前にて、皆で口上を叫びました。

当ビル3階にて戦国ファッションブランドOPENしております!
何卒お立ち寄り、お願い致しまする〜!
甲冑武者との写真撮影ご自由にどうぞ!

コツは、戦国何卒お願い、などの部分を節を付けて強調することです。
参加者の知盛さんを手本に、皆さん乗り切りました。
カラオケでも3曲歌うと声ガラガラの私ですので、数日声が嗄れておりました。




最後に友情を確かめ合うみんな!



のどガラガラの私。

お蔭様で、集客効果もあり、何より参加者全員が楽しむことができ、満足の一日でした。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| 鎧画像 コラム | 14:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
攻城戦を描く
前々から攻城戦を描いてみたかったのですが、やることが多くてなかなか追いつかず延び延びになっていました。





一応、大阪冬の陣がモデルです。
攻める側は堀を登る必要がありますから、佩楯や臑当をしませんが、守る側は装備していても問題ないと、今気が付きました。
  
毎度ながらムサいオッサンばかり描いています。
たまには女武者を無理やり登場させてみたいところです。


ところで、鎧とは関係ないのですが、面白いものをみつけたので、紹介します。

梅本真里恵シークレット一人芝居「風の谷のナウシカ」
<出演者は一人きり!セット無し・小道具無し・省略無しの究極の2時間パフォーマンス!>

全編見る



久々に感動しました。
人間の限界に挑戦した芝居です。
バカバカしさもここまでいけば国宝級です。
皆さんも是非ご覧ください。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| 鎧画像 コラム | 01:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
厳島神社 国宝 浅葱綾威大鎧の弦走の絵韋 
最近、鎧関係の記事を書いていないので、以前描いたものを紹介します。
厳島神社 国宝 浅葱綾威大鎧の弦走の絵韋ですが、何十年前に撮影された写真を元に拡大コピーしたものをカーボン紙で転写し、歪んだり縮んだりした部分を修正して約一ヶ月かけておこしました。

まだフォトショップを使い始める前でしたから、ほとんど手描きでしたので、現物が作られた当時の工人の苦労がしのばれます。
やはり、神に奉納するものとして特別に作られたもののようです。
型を抜くのはもっと大変です。

復元に当たっては、ただ現物の写真を参考にするだけでなく、歪みや縮みで判別の難しい線を鎌倉後期の美術品を参考に出してみました。

現物も厳島神社台風復興支援の展覧会にて6度ほど見ましたが、何十年前に撮影された写真より磨耗しておりました。
特に朱色の退色が目立ち再現に苦労しまいた。

そのため、現在でも納得できない箇所が数箇所あり、いずれ現物の科学調査を試みたいと野望を抱いております。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。


| 鎧画像 コラム | 19:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
現代、戦国武者絵、折井宏光画伯の作品UP!
安田靫彦(ゆきひこ)など歴史画の大家に師事された、確かな画力と時代考証で、高齢ながら精力的に活動なさっている、折井宏光画伯の作品を当ブログの本体である鎧甲冑製作所のHPにて公開することになりました。

私も様々教えていただき、お世話になっております。

鎧甲冑製作所


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。


| 鎧画像 コラム | 23:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
江戸期の兜の獅噛前立
江戸中期ごろの作と思われる獅噛前立である。

目は鹿の角であろう。

頭から、熊であろか、ヤクであろうか毛が植えてある。
このように頭頂部に毛を植えるのは珍しい。


この日記の本日のランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。



| 鎧画像 コラム | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
加藤一冑氏作 御嶽神社赤糸威兜1/2サイズ
材料、製法を、800年前、義経が活躍した時代に限りなく近づけて製作された、1/2サイズの兜です。

五月人形の兜では、絶対に出来ない手間と時間をかけて製作されているので、値段も桁違いですが、見ごたえは充分です。

甲冑師 加藤一冑工房
加藤一冑氏の紹介その2


この日記の本日のランキングは何位でしょう?

だいたい30位前後だと思いますが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。



| 鎧画像 コラム | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |