+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日本の武士の精神美を紹介した本 | main | 戦国実戦期の武器、箙(矢を入れる道具) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中国戦国歴史アクション映画「プロミス」
先日、「さらばわが愛・覇王別姫」でおなじみの、中国映画の巨匠チェン・カイコー監督作品の新作「プロミス」を観て来ました。

チェン・カイコーが監督でが出てくるというので楽しみにしていたのですが・・・

正直マイッタナ・・・

という感じでした。
現在、中国では、国家が支援して、自国の巨匠に巨費を投じて映画を作らせているのですが、全てに共通するのは、「時代劇」「アクション」「ラヴ・ストーリー」「巨匠」などのキーワードが含まれていることです。

見た目だけお金をかけても、肝心の脚本と演出にお金をかけていないので、ぜんぜん感じ入るものが無く、他のお客さんも失笑しておりました。
登場人物も薄っぺらで、ぜんぜん、感情輸入できませんでした。
駄作の誉れ高い、数年前、公開された日本映画「北京原人」とならぶできでした。
「プロミス」の方がお金がかかっている分、駄作なのでしょうが・・・

「さらばわが愛・覇王別姫」良かったのになぁ・・・  残念

まぁ、鎧や衣装は良かったですけど・・・


この日記の本日のランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。



| 日記       | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:16 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。