+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 江戸期の兜の獅噛前立 | main | 水銀アマルガム鍍金(ときん)の技法2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
水銀アマルガム鍍金(ときん)の技法1
鎧や刀装具の飾り金物には水銀を使った金メッキを施します。

先日、TVでこのようなものを見たので掲載します。

まず、金1対水銀4の割合で試験管の中に入れ熱します。

金と水銀が溶け合い粘土状になります。

この粘土状のものが水銀アマルガムです。




この日記の本日のランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| 甲冑マメ知識  | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/160