+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祝・初海外ネットオークション出品 | main | 鎧ペーパークラフト取扱店が増えました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
星兜の簡単な変遷

更新の間隔が開いてしまい申し訳ありません。
梅雨なもので・・・

本日は戦闘における星兜の星の意味を考えたいと思います。

平安期に騎射戦が盛んであった時代の厳星兜の星が大きいのは、兜に矢が当たった際の衝撃の緩和で、星に矢が当たることによって力が分散するとの説がある。

その後、騎射戦が廃れ始め、太刀などの打ち物とっての打撃戦に移行するに従い、兜に太刀が食い込み、敵の動きに一瞬の隙を見出すため星は小型化するとの説もある。

遺物のみの状況証拠であるためそれを正確に証明することは難しいし、ツッコミどころもあるが、一つの説として一部にある。

実際のところ実験したわけではないので何ともいえませんが、これだけ時代によって形の差があるのですから、時代によっての戦闘方法に基づく何らかの根拠があってしかるべきだとは思います。

皆さんはどのようにお考えでしょうか?


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。



| 甲冑マメ知識  | 15:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:48 | - | - |
良く解りませんが・・・

ただ、このように変更されて行ったということはそれなりの効果が有ったということですかね?

以前に読んだ本で、戦闘の時に太刀は役に立たなくて、槍が一番だった。というような本を読んだことがあります。また、有名な太刀でも直ぐ曲がるものがあるとか?

一体、戦闘には何が役に立ったのでしょうね??
| 正ちゃん | 2006/07/12 10:09 AM |
戦闘方法に伴う武器、武具は時代によって変化します。
槍が主流になったのは、戦国時代からです。
| パパイヤ佐藤 | 2006/07/12 2:19 PM |
んんん〜難しいけど。。。。
読みました。
ブログがんばれ!!!!
| ビビちゃん | 2006/07/12 6:56 PM |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/201