+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 望月家の腹巻と桃形兜を被った矜羯羅童子 | main | 「江戸の誘惑」と「アラーキー東京人生」見ました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近行った展覧会「仏像」
東京国立博物館
仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り

平日に行ったのですが、すごい人でした。
しかし、お堂に安置されている状態で見るのと、博物館に展示してあるのとでは、ありがたみが違いますねぇ〜

一木オールスターズ(仏像ファンはこう呼ぶ)に対して手をわせる中高年が続出するかと思いましたが、私が見たところ一人しかおりませんでした。

衣文(法衣のしわ)や仏のお顔など奈良から平安にかけての日本美術のラインの変化を勉強する上で参考になりました。

タイトルのとおり木に込めた日本人の信仰の深さに感動いたしました。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| 日記       | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:16 | - | - |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/227