+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 行ってきました、大刀剣市。 | main | 天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
近畿三都漫遊
先日の連休、彼女が京都国立博物館で行われている、狩野永徳展を見たいというので、大阪に戻っていました。

3日に見に行ったら、2時間待ちというので、次の日の朝早くに再度、行ったのですが、やはり2時間待ち。

行列に並ぶ人の話だと奈良の正倉院展は4時間待ちとのこと・・・

やっと入れる〜〜〜・・・

彼女は大学時代に中国美術史を勉強していたので、狩野派もかなり詳しいです。
しかし、私は日頃の昼夜逆転症が祟って、館内のベンチで船を漕いでました・・・
永徳筆の信長像ですが、月代(ちょんまげの剃った部分、さかやきと読む)の形がちょっと変わってました。
いわゆるM字の剃り込みのような変な形。

館を出ると、もう昼過ぎ。
大阪歴史博物館で副館長と約束していたので、急いで谷町へ・・・

NHKの風林火山のパネル展示に合わせて、私の先輩方による甲冑着用体験も行われていました。

結構な盛況です。



同時にウチと戦国ブランド「もののふ」さんの商品もミュージアムショップで扱ってもらっています。

次の日は奈良へ
正倉院展はものすごい人なので、スルーして、春日大社の宝物殿へ
現在、「刀と鎧に見られる神の姿」というのが行われていて、たまにしか出ない、甲冑が展示してました。
(黒韋威胴丸1号2号・鎌倉時代、大鎧残欠3種・国宝籠手など)
正倉院展と違って、入館者は私も含めMAXで6名

それから、春日大社にお参りし、結婚式の案内などもらってきました。
もうそろそろ、年貢を納めんとなぁ・・・

夕方、仕事の打ち合わせで名古屋へ
まだ詳しく発表できませんが、ウチでも私以外が制作した商品を売り出すことになりそうです。
一泊して東京に戻ってきました。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| 日記       | 20:42 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |
お帰りなさいだったんだね。
狩野永徳展テレビでもかなり宣伝されていて、気になってはいたんだけど、そんなにすごいんだ!!
京都だからなかなか行く機会無いんだよね。。
正倉院展もいつもながらすごい人なんだね。
最近美術展も行ってないし、芸術に触れる機会が無くてね。。
秋だから紅葉くらい観ておこうかな。

週末京都でA組みだった元会長O森くんが結婚します!!おめでたい事なので一応報告しておきますね◎
| ゆっこ | 2007/11/09 1:47 AM |
行楽シーズンは、どこも人だかりです。
中高年のパワーを感じます。

最近、痩せて長時間立っていても、腰が痛くなくなりました。

○森君?
思い出せない・・・
よろしく伝えてください。
| 佐藤 | 2007/11/10 1:56 AM |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/282
秋の彩り 源氏物語の時代から受け継がれた「おもてなしの心」を京都ブランドで
京都府中小企業団体中央会に事務所を置く「社団法人京都府食品産業協会」では、食文化の振興と食育の推進を目的に、「秋の彩(いろど)り~『源氏物語』の時代より、京都・日本に受け継がれし“おもてなし”の心」を開催されます。この催しは、2007年2月に同協会が開催した
| 地域団体商標・地域ブランド情報 | 2007/11/11 9:29 AM |