+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仮組みしました。伊達政宗・戦国武将フィギュア | main | 腰刀・打刀・太刀・伊達政宗・戦国武将フィギュア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
付け替え式、腕パーツ、伊達政宗・戦国武将フィギュア
鑓を持たせてみました。
戦国時代の鑓技がどういったものなのか、勉強不足でさっぱり分かりません。
室町期よりの古武術を今に伝える、柳生新陰流を紹介してもらったので一度見に行かねばと思います。
今回はカンフー映画でおなじみのジェット・リーなどを参考にポージングしてみました。

煙管も持たせました。
政宗の墓、瑞鳳殿に年代が分かっているもので日本最古の煙管が2本あります。
政宗は煙草好きで、日に3〜5回吸ったと記録されています。
いずれも長大で桃山期の煙管の特徴を現しています。
64cmと69cmもあります。
煙管の持ち方にも様々あり、武士・町人・女郎など身分や職業によって違うと、長谷川一夫が言っておりました。
今回は大阪冬の陣図屏風を参考に再現しました。

馬乗筒も持たせます。
砲術指南書を見ると、右手でも左手でも持つようです。
火縄については、全くの素人ですので、専門家の意見を仰ぎたいと思います。

騎乗にて手綱を持った腕も作りました。
こんなポーズの兵馬俑いましたよね。
鑓や火縄の腕パーツを組み合わせて楽しんでいただく趣向です。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:学問・学校


| フィギュア制作 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:41 | - | - |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/290