+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 武道館での鏡開き式に出陣 | main | 乗馬初体験 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
靖国神社で中国人が日本人暴行
ご存知の方もいると思いますが、こんな事件がありました。
先日1月15日、靖国神社にて、参拝に訪れた80代の男性が持っていた日の丸(縦1m、横1・5m)を奪い足で踏みつけたうえ、さおを折った。さらに、これを止めに入った神奈川県内の40代の男性看護師を殴りつけたり蹴ったりした。

MSN産経ニュース
yahoo!ニュース
You Tube1
Tube2
Tube3

今中国はオリンピック開催に向け、揉め事を起こしたくありません。
日本はいくらでも付け入る機会があり、要求を呑ませる好機です。。
しかしながら、驚くことに、どのマスコミも事実を報じません。
一体、日本はどうなっているのでしょうか?

戦国時代なら、謀略の限りを尽くし、国益を護ったのでしょうが、60年も平和が続き四方の海に囲まれた日本では、平和ボケと和を持って尊しとする考えが蔓延しています。
少しくらい、戦国や幕末の強かさを学んでもよいのではないでしょうか?
しかしながら、戦国ファンにすら、こんなことを言うと右呼ばわりされ、たしなめられます。
日本人に対しこれらを声高らかに言うつもりはありませんが、日本を殴る外国に対しては、はっきり言うべきだと思います。

今の中国の反日運動の元についてです。
中国共産党は、かつて日本とまともに戦った経験がありません。
日本軍と戦っていたのは蒋介石で、毛沢東は逃げてばかりでした。

その負い目から、今頃、中国共産党は中国国民に向けて、我々は日本と戦っているぞと宣伝しているのです。

私は、右でも左でもない中庸な日本人ですが、この事件は許せないです。

日本の歴史文化を学びその禄を食むものとして、先祖を汚す行為に対し反論できる知識と意思を身につけたいと思います。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:ニュース


| 日記       | 20:25 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:25 | - | - |
初コメントです。

全く持ってその通りだと思います。
しかし今の日本の首相にはその様な事を全く期待できないのも、これまた事実であります。
| あにまる | 2008/01/29 10:28 AM |
あにまるさん

コメントありがとうごまいます。
福田さんは、ゼロアクション外交ですから期待していません。

問題はマスコミまで全く報道しないことです。
| 佐藤 | 2008/01/29 7:56 PM |
はじめまして

この事件はひどいですね、こちらのブログで初めて知りました。
彼らなりの主義主張があったとしても、お年寄り相手に敬老の気持ちを持ってもらいたいものです。
私も左右どちらでもありませんが、毅然とした抗議のできないこの国のメディアを情けなく感じています。
日常でこういう発言をすると、うっかり右呼ばわりされたりしますが(汗)
| 麻衣 | 2008/09/02 5:02 PM |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/293