+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 等身大・着用鎧、兜鉢原型完成。 | main | 流鏑馬用着用鎧、兜鉢の型抜き出来ました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
和駒は強い!!
馬に乗り始めて、早2ヶ月。
短い時間で1時間半、長い時間で5時間ほど跨り、合計で20時間ほど乗りました。

ここで和駒とサラブレッドの違いを説明します。

・サラの最高時速は70km
・和駒は40km

・サラの体高は150cm
・和駒は130cm

・サラは人が作った馬なので人間に従順
・和駒は野生の生き残りなので、人を見て従ったりナメたり

・サラの一日に乗っていられる時間は最高で2時間
・和駒は朝から晩まで

・サラは蹄(ひづめ)は軟らかいので、蹄鉄が絶対必要
・和駒は蹄が硬いので基本的に必要なし

・サラは温度変化に弱く、機密性の馬舎が必要。でないと風邪を引く
・和駒は元が野生なので、吹きさらしでもOK

・サラは臆病なので人が後ろを通ったりするとビックリして蹴ります
・和駒は自分に自身があるので、少々のことでは驚きません

こんな感じで和駒は圧倒的に強いです。
先日も和駒の後ろをサラに歩かせようとしたら、怖がって立ち止まってしまいました。

和駒はそういう馬ですから、乗る方も結構覚悟が要ります。
この間も馬と乗り手の主導権争いに負けて、落馬しました。

最近も相変わらずナメられていますが、騎座(きざ)が出来てきたので、全力疾走でも安定して跨ることが出来るようになってきました。

今度は恥ずかしながら、私の学んだ乗馬の心得でも書きます。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:学問・学校


| 日記       | 23:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/300
乗馬 ブーツ が激安
乗馬 ブーツ が激安,乗馬 ブーツ が激安,乗馬 ブーツ が激安
| 乗馬 ブーツ が激安 | 2008/03/22 7:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/03/01 3:01 PM |