+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 謎の中国甲冑発見!! | main | 池袋シャンシャイン60に出店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
等身大着用甲冑パーツ製作
現在、札を抜いてます。
地味〜な作業です・・・

札は本来、牛の生皮を使うのですが、コストの問題と入手困難なため、ボンテックスという皮を細切れをしたものを糊で固めて板状にしたものを使用します。
それを数枚貼り合わせて厚みを出します。
ボンテックスは現在1.3mmのものと0.45mmしか生産していません。
吹返しは2.2mm、それ以外は2.6mmとしました。

このようなコム版を作って、判を押していきます。

平安当事は平ノミのようなもので叩き切っていたのでしょうか。
現代では普通、抜きタガネを作って抜きます。
今回は特注の大型の札であるということと、シコロ札(首を被う部分)だけで300枚ですから金切りバサミで切り出し、ポンチで穴をあけ何とか抜けました。

胴は1,300枚ほどあるので抜きタガネを作ろうと思います。
いくらするのか不安です。
高かったらどうしようかな〜・・・

この御嶽神社の国宝 赤糸威大鎧の札の特徴は札の頭(画像では左端)の角が張って角ばっているところです。

こっちは八双鋲です。
鋲頭は兎に角、色がハゲやすいのでキャストを黄色に着色して硬めます。
キャストのA液にマジックインキの黄色を入れ混ぜた後、B液と混ぜ合わせます。
この鎧には合計で50個ほど必要です。

この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。
| 等身大甲冑制作 | 20:48 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:48 | - | - |
すごい…想像しただけで気が遠くなります(゚д゚)ポカーン
革っぽい素材だけあって、切り抜くのも相当な力が要りますよね?
本当にお疲れ様です。

紙から型抜きする機械みたいなのがあれば楽なんだろうけど…
量産体制でもないと無理ですものね。
完成を楽しみにしていますので頑張って下さい!
| 灰色狼 | 2008/04/27 10:18 PM |
灰色狼様

行列などで着る具足とは、構造が全然違います。
オーダーメイドなんで抜き型をおこすのも考えてしまいます。
胴は札の厚みが倍になるので大変です・・・
しかし私自が身完成が楽しみです。

| 佐藤 | 2008/04/27 11:20 PM |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/306
マジック インキ
ツキネコ スタンプパッド バーサマジックL(チョークインク)商品価格:661円レビュー平均:4.92「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する...
| マジックBlog | 2008/04/28 2:03 AM |