+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 等身大鎧の胴の札(さね)制作 | main | 等身大着用鎧の札が塗りあがりました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シルクスクリーン初挑戦
シルクスクリーンとはTシャツなど主に布地にプリントする技法です。
今回は、注文者が大柄な人なのでB3サイズが必要です。
業者に頼むと版代(紺・朱)・プリント代を併せて10万ほどするというので、自分で版をおこし、プリントすることにしました。

本番を日光で感光する前に、試しに小さいものを感光することにしました。

画材屋で買った木のパネルを枠だけ残して切り抜きます。
ベニヤなのでカッターで切れ目を入れれば簡単に切り取れます。

それにネットで購入したスクリーンをホチキスでピンと引っ張って貼り付けます。

感光乳剤をローラー刷毛で塗ります。

図案を拡大コピーしたものに、サラダ油を塗り、紙の白い部分を光が通りやすいようにします。

それをスプレーのりで貼り付けます。

日光にかざして感光させます。
テスト時は曇りで2分ほど感光させました。

黒い袋に入れて、夜になってから洗い出し作業。
上手く抜けました。

プリントするとこんな感じ

本番は快晴で30秒感光
しかし感光しすぎで上手く抜けません。
プリントすると、抜けすぎたところや抜けなかったところでムラが出来て散々になってしまいました。

2回ほど失敗して結局、感光機を自作することにしました。
次回はそれの制作をUPします。


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

| 等身大甲冑制作 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。