+アクセスカウンター
+ 鎧甲冑製作所本館 
 

日本甲冑の研究サイトでもあります
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 私の先輩の著書
武田の武具研究の第一人者の長年の研究が凝縮

↓もっと見る

甲冑 専門書 案内
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 全国甲冑骨董屋巡りの話 | main | 甲冑流鏑馬、大分、様になってきました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
戦国武将Tシャツデザインしてみました。
甲冑制作の合間を縫って、ちょこちょこ描いてます。

第一弾は伊達政宗と片倉小十郎
タイトルは「伊達男、ここに極まる」
思いっきり腐女子をターゲットにしてみました。
このブログの主な読み手である、甲冑好きな男性には分からない世界ですが、戦国武将が好きな女性は四六時中このよやうなことばかり考えているやうです。
前立部分は金でプリントします。

多色プリントを想定して描いていたのですが、印象が散漫になり、ダサいのでボツ

次は上杉謙信と景勝と直江兼続です。
タイトルは「酔い痴れて、越後の虎」
複数のモデルがいるのに、このタイトルだと謙信だけフューチャーされてますね。
考え直そう・・・
馬は普段見慣れているので、何も見んでも描けるようになりました。

その次はタイトルだけ決まっていて、「その男、日本一の兵につき」
これも真田三代で幸隆・昌幸・幸村と描くつもりなので、このタイトルはおかしいですね・・・


この日記の本日の歴史ブログランキングは何位でしょう?

だいたい50位くらいですが、皆様がご覧になる回数でランキングが上がります。
よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 武者絵、図案 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | - |









http://yoroikatchu.jugem.jp/trackback/324